こんにちは!有限会社市川鉄工です。
福井県越前市に拠点を置き、福井県内の各地域で鉄骨加工・鉄骨溶接を専門に請け負っております。
みなさんは「建築金物」や「付帯鉄骨」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
あまりご存知ない方が多いかもしれませんね。
そこで今回は「建築金物や付帯鉄骨とは?」をテーマにしてご紹介します。

建築金物とは


建築金物と一口にいっても、その種類や用途は多岐にわたります。
たとえば、建物の継手金物や窓や扉に使用する蝶番や把手といった建具金物、階段の滑り止めの金具、手すり、壁下地に使うラス類なども建築金物に当たります。
つまり建築に活用される金属部材の総称というわけです。
ただし屋根などの被覆材や配管設備は、建築金物には分類されません。
実用性に富んだ「機能金物」と装飾を主とした「装飾金物」という分類もあります。
建築金物は、戸建て住宅から、オフィスビル、公共施設、大型商業施設、工場など、社会に存在するあらゆる施設で必要とされる分野です。
そのぶん幅の広い業種であるため、各業者によって得意分野が細分化されています。

付帯鉄骨とは

鉄骨工事といえばピンとくる人でも、付帯鉄骨は聞いたことがないかもしれません。
シンプルに表現すると、本体の鉄骨工事以外の工事という意味です。
鉄骨工事の現場では、その工事を行うために必要な構造物の設置や作業があります。
たとえば、デッキやスタッド、階段、現場溶接、折板受け、コンクリート止め、胴縁などです。
どんな仕事にも付随する作業があるものですが、鉄骨工事も同様です。
本体の鉄骨工事に使用される鉄骨は工場で事前に加工・溶接されることが一般的ですが、現場でしか作業できない現場溶接、階段製作、デッキ、スタッドなどは、鉄骨の付帯工事として専門業者が行います。

鉄骨加工・鉄骨溶接は市川鉄工へ!


鉄骨加工・鉄骨工事のご依頼は、有限会社市川鉄工にお任せください。
長年培ってきました技術やノウハウを駆使した高品質・高精度の施工をお約束します。
誠実に真摯に対応いたしますので、鉄骨工事に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

【求人】市川鉄工では新規スタッフを募集中!

たしかな技術を手に入れたい方は、ぜひ弊社にご入社ください。
未経験からでも一人前の職人を目指せます。
経験者の方もスキルアップ可能な環境です。
市川鉄工で社会に貢献する仕事をしませんか?
お気軽に採用情報からご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


有限会社市川鉄工
〒915-0805 福井県越前市芝原3-3-7
電話:0778-22-7568 FAX:0778-22-7919
※営業電話・セールスお断り